債務整理でクレジットカードは作れなくなるのでしょうか。
残念ながら債務整理するとクレジットカードを作ることはできません。

債務整理するとクレジットカードを作ることができないのは、債務整理は金融事故になるからです。
クレジットカードを作る際、審査に使用する信用情報に事故情報が掲載されることになります。

情報は完済から最低5年間は残ることになるので、その間、クレジットカードを作ることはできません。

一生、カードを作れないわけではないのですが、債務整理とすると、少なくとも完済から最低5年はクレジットカードを作ることができなくなります。

債務整理の手続きをすると信用情報に記録が残り、信用情報はクレジットカードを作る際、必ず見らます。
この記録が削除されるまではクレジットカードを作るのは難しいのです。

信用情報の記録が消えるのは大体7年間と言われていて、一定期間経過しないと記録は消えません。
一定期間については、決まっておらず、債務整理の種類や、記録されている信用情報機関で扱い方が違ってきます

任意整理の場合、他の債務整理に比べて、クレジットカードを作れる可能性は高く、申請してみたら通ったと言うケースもあります。
しかしこれは信用情報を取り扱っている機関が民間の団体でもあるので、厳密なルールの上で運用されているわけではありませんのでそれぞれのケースにおいて多少のズレが生じるということは十分に考えられます。

クレジットカードを作ることができないというのはある意味不便でありデメリットとして挙げることができますが借金完済後に一定期間借金をすることができないということはプラスに捉えれば手元のお金で生活をやりくりすることができるということも意味します。

なのでクレジットカードが作れないからといって借金をそのまま膨らませることに比べれば全然マシなのではないでしょうか?
オルタのクラウドファクタリングでかんたん査定