WEB2.0を知らないと言ったら鼻で笑われた孤高のブログ

そんなにおかしなことじゃないですが知ったかぶりがよくなかったですね。

Month: 4月 2014

生活習慣と肌質

生活習慣がかなり肌への影響を与えているのではないかと最近不安になっています。
おそらく原因は運動不足というか体を全く動かさないことでしょう。
よくダイエットなんかでも新陳代謝がいい体質を作るみたいなところが大事になりますが
スキンケアなんかでもやっぱり代謝がいいと肌トラブルは少ないと言われたりしますよね。
それを考えてみると最近の自分の運動不足は尋常なないなという感じがします。
前まではそれこそ通勤だけでも毎日30分くらいは駅までの往復を考えると
歩いていてそれが地味にウォーキングをしているような効果を発揮していたと思いますが
今では歩くこともめっきりなくなってタクシーとかを多用するようになっています。
昔から体を動かすことは苦じゃない体質だったのですが太ったからかなんなのか
わかりませんが最近はちょっと運動しようと思ってもすぐにしんどくなってやめてしまいます。
これぐらいになると太っている人が運動をしたくないという気持ちがわかってきますね。
それでもあんまり見た目には出ないほうなのでそれはそれでいいのですがその代謝が
悪くなったせいかわかりませんが顔以外の肌が弱くなっているような気がします。
特に腕は湿疹みたいなのが微妙に目立たない感じでできてしまっています。
冬場の乾燥で痒くてかいてしまったのも原因の一つだと思うのですがある程度経っても
そんなに良くならないところを見ると原因はそれだけではないような気がします。
やっぱり汗をかいたりするのが大事なんでしょうね。

オルニチンで疲労回復

CSの番組を見ていて気になったのがオルニチンを含んだサプリメントです。
なぜか普通の民放ではやっていないCMなのですがCSではやたらやっています。
オルニチンというと食品でいうとシジミに含まれているというイメージが強いですね。
ただやっぱりサプリメントは凝縮というか濃縮されているので含有量は比べものになりませんが。
それでオルニチンのサプリメントを飲むとどんな効果があるのかという話ですが代表的な
効果と言えば疲労回復に対する効果ですかね。オルニチンが疲労回復にどのように働きかけるかと
言えば疲労の原因の一つともいえるアンモニアを分解してくれる働きがあるんですね。
だから言い方によっては肝臓機能の強化だったり二日酔い対策ともなりえるわけです。
確かに次の日になってもお酒が抜けていないと一日中だるい感じがしますからね。
肝臓の中にアンモニアが蓄積されていると体が動く源ともいえるエネルギーの生産が
低下してしまうというマイナス要素があるから気を付けなければいけないわけですが、
そうはいってもやはり飲みすぎてしまうケースというのは日常生活でも多いものです。
そこでオルニチンサプリメントを使ってそれを助けてもらおうという話になってくるんですね。
オルニチンは肝臓の中に残っているアンモニアと反応して尿素になります。

乾燥しないように続けていること。

私はとっても乾燥肌で、うっかりしていると夕方には肌の水分がなくなって頬のあたりが特に乾燥します。
ファンデーションがカラカラに乾いて、口の横にシワが沢山出来てしまうのです。
笑ったら最悪!シワシワのおばあさんです。
実年齢よりも10歳は老ける感じ・・・仕事の時トイレ休憩に行って、自分の顔を鏡で確認して驚くことが何度もありました。
乾燥を防ぐには水分をしっかり肌に入れて閉じ込めることが一番なので、毎日シートマスクパックをしています。
お風呂上りに火照った頬に冷たいパックが気持ち良くて、毛穴も引き締まってこれは一石二鳥なのでは?と思っています。
シートパックだけでは水分がすぐに逃げてしまいますので、すかさず乳液とクリームを塗って肌に蓋をするようにしています。
この水分を逃がさない油分の膜が重要なのです。
毎日努力しているお蔭で何とかシワも目立たなくなってきていい感じです。
夏になるとついつい乾燥が分かりにくくなるので、お手入れをサボりがちになり秋に慌てることになるので、このまま真面目にお手入れをしていこうと思っています。
シワが。