WEB2.0を知らないと言ったら鼻で笑われた孤高のブログ

そんなにおかしなことじゃないですが知ったかぶりがよくなかったですね。

Month: 4月 2015

鎧を脱ぎ棄てる

私は夜寝る前に、絵を描いています。
とは言え、スケッチ程度なので、それほど本格的な絵ではありません。

過払い金請求 着手金無料

それでも、絵を描くと世の中の全てのしがらみから解放された気分になります。
そして、安心して眠りにつくことができます。
毎日、生活しているとどうしても、嫌でも関わらなければならないことがあります。
そういったものが増えてくると、どうしてもストレスに感じてしまいます。
いろいろな出来事の中に、新しい発見や喜びを見つけることもあります。
しかし、深くかかわりすぎると、傷ついてしまうこともあります。
毎日、いろんなものと関わりながら暮らしているのですが、やはり一日の最後は全ての鎧を脱ぎ棄て、素の自分に戻りたいと思っています。
また、そうしないと自分自身がダメになってしまうと思います。
しかし、ストレスが溜まるのはいつも自分に鎧をつけているからなのだと気付き始めました。
ならばいっそのこと、1日24時間、365日、素のままの自分でいた方が楽だし、ストレスも溜まらないのではないかと思うようになりました。
たぶん、その方が自分も周りも楽に生きられるような気がします。

シャンプー一つで将来の髪質が決まります

シャンプーをしない人はいないと思いますが、毎日行うシャンプーの質や洗い方で髪質や将来の髪の量が大きく変わってきます。
まずは使用するシャンプーは必ず髪質や肌質に合ったものを使用しましょう。
低価格で販売されているシャンプーはよほど髪や頭皮が丈夫な方以外はあまりお勧めしません。
なぜなら石油系由来のシャンプーは非常に洗浄力が高く、頭皮に必要なうるおいまでも奪い乾燥させてしまうからです。
頭皮の乾燥は髪質を細く、乾燥させてしまいます。
お勧めなのはワンランク上のシャンプーや美容室で販売されているものを選びましょう。
ですが良いシャンプーを使用しても洗い方を意識しなければ意味がありません。
まずは髪と頭皮をお湯洗いしましょう。
この時点で丁寧に皮脂や髪についたホコリなどの汚れを取り除くイメージを持ちましょう。
その後適量のシャンプーをしっかり手で泡立てて髪になじませます。
手で泡立てることで原液が頭皮につくことを防ぎまんべんなくシャンプーを髪に行き渡らせることができます。
そして洗い方のポイントは優しく指の腹で細かく頭皮を洗うように全体をマッサージします。
この時泡がもこもこの状態で行う事が良いでしょう。
丁寧に毎日シャンプーを行うだけで髪質を向上させ将来髪が細くなったり量が減ることを防げます。