最近は就職できない若者というのが増えているみたいですね。ネットのニュースで
見たのですがそういう人は行動量が足りないそうです。自分のことで考えてみても
大学から今まで就職活動というものを一回もしたことがないので確かに行動量が
足りないというのは頷ける感じもしますがそもそも就職したいと思っている若者が
少ないんじゃないかという気がしますね。自分の場合も通っていた大学が大した
大学ではなかったので元々就職活動をする気はありませんでしたし就職に魅力を
感じたこともありませんでした。問題は就職できないと言われている若者の中に
どれだけ就職したくてもできない若者がいるのかということのような気がします。
自分はどちらかというと就職するためにわざわざ自己分析だとか応募書類の書き方
だとか面接対策だとかをするのは限りなくムダな時間だと思っています。
就職活動の基本とか言われていますがそんなことをする暇があったらもっと
やらなければいけないことはたくさんあるような気がしていたんですね。
そんな対策までしてわざわざ雇ってほしいと思えるような企業がないからです。
こういう考えだから自分はきっとサラリーマンには向いていないんでしょう。
ちなみに海外だと就職の面接の際に歯並びとか歯の審美がその人を判断する材料になるらしいですよ。
なので普段から歯は綺麗に保ちたいものですね。
借金相談が無料でできる全国や地方の弁護士&司法書士事務所