WEB2.0を知らないと言ったら鼻で笑われた孤高のブログ

そんなにおかしなことじゃないですが知ったかぶりがよくなかったですね。

Author: naoki (page 1 of 8)

アイコスのホルダーがすぐに赤ランプになる

加熱式タバコを吸い始めてから早半年。
最初はアイコスってこんな感じなんだとわりと満足して吸っていました。
でもアイコスって結構故障が多いと言われていましたが、新品だったためか
そんなことないなんて思いながら吸っていました。
しかし、半年ぐらい経過した途端にまずは爪が折れました。
上手く閉めることができずにとても不便です。というかイライラしますね。
ネットで検索してみると皆さん輪ゴム使ったりとかしているみたいですね。
楽天市場で検索するとアイコスのフタを閉じるためのゴムなんかも販売されていました。
さすがにそれを購入してまでアイコスのフタを直したいとは思いませんが、
このまま閉じないと微妙です。
さらに少し寒くなってきたあたりからアイコスのホルダーがすぐに赤ランプに
なってしまってヒートスティックが吸えない現象が発生しました。
これもネットですぐに調べてみるとどうやらホルダーのバッテリー容量が
低いので温度差の影響を受けやすくなっていることが原因みたいです。
最初は快適に使えていたアイコスですが、ここまで壊れてしまうとさすがに
新しいアイコスを買ったほうがいいような気がしてきました。
保証とか付いていますけど修理に出すのとか面倒なんですよね。
いっそのことアイコスの互換品に乗り換えようかとも思っています。
アイコス 互換品

ハーフはやっぱりうらやましい?

いとこが外国の人と結婚していて、その子はハーフになるわけですが、それがとてもうらやましくなるような教育環境でして・・。
いとこが日本語学校の先生をしていて、旦那さんはその学校の生徒でした。
そして生まれた子達は小さいころから母国語と日本語がしゃべれて、長期休暇のときにはお母さんの母国(日本)に遊びに来る生活、さらに英語も身につけたらしいです。
1番上の子は日本でも有名な大手旅行会社のカスタマーセンターに勤務しています。
きっと語学がかわれたのでしょう。
ここまで書くと、やっぱりハーフは恵まれていると思ってしまいます。
ちなみにこの子達のお父さんは台湾の人なので、ハーフという言葉で思い出すような外見ではないです。
ガイジンな感じはゼロです。
ハーフの人達の悩みとしてのガイジン扱いも受けないだろうし、そう考えるととても恵まれたハーフのうように思えます。
もちろん本人達には悩みがなくはないだろうし、ハーフならではのわずらわしさもなくはないと思います。
でもそういうことは当事者でないからわからないので、やっぱりうらやましいという気持ちのほうが強いです。

髪の根元のボリューム

髪の根元にボリュームがなくなってくる原因としては年齢を重ねた
ことによる髪の本数の現象が挙げられます。これは自然現象という
部分もあるので簡単にどうにかできることではありませんが髪の
エイジングケアをすることによってその進行を遅くしたり改善させたり
目立たなくさせることはできます。このようなボリューム不足の髪と
いうのは根元の髪の毛が少なくなってしまうことによって起こり、
トップがぺしゃんとなってしまっている状態です。このような髪の毛を
持っている場合には髪の毛を洗うときは決して激しく洗っては
いけません。髪の毛をいたわるように優しく洗うことが髪の毛の
エイジングケアでは鉄則になります。そして、頭皮を傷つけないように
指の腹の部分を使って頭皮を揉んで汚れを落とすということを
意識しながら髪の毛を洗っていくといいでしょう。トリートメントも
どちらかというと軽く仕上がるようなトリートメントを使うといいでしょう。
弱っている髪の毛を優しく立ち上げてくれるようなタイプがいいです。

生き物にサンキュー!柴犬の特集を観て、新たな発見

録画した生き物にサンキュー!!を観ています。
今回は柴犬の特集で、可愛い表情をした柴犬がまるごと1時間鑑賞できるということで録画を入れました。
好きな犬は、何種類もいて、フレンチブルドッグ、ウェルッシュコーギー、その1つに柴犬も入っています。
だから、つい気になってしまいました。
以前まで柴犬は飼い主に忠実で大人しい、人懐っこくて膝の上に乗ってくるイメージがあったのですが、番組では新しい姿を見せてくれました。
どの犬もやっぱり飼い主に忠実でしたが、飼い主と程よい距離を取りたがるところがあるようです。
これは他の犬にはない柴犬独特の修正で、柴距離と呼ばれてるんだって。
自分のスペースをしっかり守ろうと距離を置くところが柴犬にあったなんて、初めて知りました。
この番組、観てよかった。
今、真剣に犬を飼うことを考え中なんです。
1週間に1回のペースでペットショップに足を運び、観察しているんだけど、正直迷ってしまいます。
候補はさっき挙げた3つのワンちゃんの中で考えていて、甘えん坊でべったりしてきて、初心者でも飼いやすい犬が理想なんです。
ウェルッシュコーギーは足が短くてくりくりな目が可愛い。
フレンチブルドッグは太り気味の体型で一生懸命ヨチヨチする姿が愛らしい。
でも可愛さだけで選んでしまって、飼った後に十分な愛情を注げなければワンちゃんが可愛そうだと思うんです。
動物だって大事な命があるし、幸せになる権利を持っています。
それなのに、自分がちゃんとできないとせっかく飼ったワンちゃんの人生が台無しになってしまう。
飼うなら幸せにしてあげたい思いが強いから、なかなか踏み切れない。
ペットを飼うって難しいですね。

ブランド小物を愛用する実例

俺は世にいうブランド小物をいくつか所有しています。
衣装が好きなので主に衣裳小物や袋、靴などが多いです。
ブランド小物を数多く所有していると言うよりは、各品数点ずつといった辺りでしょうか。
もちろん、ブランド以外の衣裳も長期間持っていて、ユニクロや無印で購入した賜物もよく着用しています。
ブランド小物とその他のラフファッション服、大小と言えば、一番大きいのは何より額面でしょうか。
何よりブランド小物は、ピンからキリまででしょうが当然のように高いです。
ただその分、他の所有物に比べて大切に取り扱う傾向があるので思い切り長持ちしています。
高価な価格に見合った質、クオリティを使っていることも現に愛用すればするほど分かってきます。
確かにラフファッションブランドのような安くて使いやすい物体も大事ですし、よく利用させてもらっていますが、それとはまた異なったところにブランド小物はあるように思います。
デートを始める日光、お洒落な場所にいく日光、いつもと違う特別な日光にはやっぱりブランド小物のような特別なお気に入りの洋服を纏って出掛けるのが根性も盛り上がって良いのではないでしょうか。

ブランド小物って「腐ってもブランド」といわれているくらい、やっぱり真価があるものだと思います。
どのくらいキャリアが経っていても、ブランド小物と言うだけで真価が出たりするのだから強いと思います。
たとえば、普通のNoブランドの洋服は、キャリアが経つとほとんど額がつきません。
いかに高級な宜しいクオリティで出来た洋服だとしても二束三文という感じで、売らない方がいいくらいです。
まだ買って間もない洋服だったらある程度認識が出向く額で売り払えるかもしれないけど、たいていノーブランドの洋服は新しくても新品同様だとしても、ほんとに納得できる額がつかないことが多いです。
これは融通に持ち込んだときの密偵の演説でしたが、我々は何度かNoブランドの洋服を査定してもらって、あまりにも二束三文なので驚いて売らずにまた持って帰りました。
売らないで誰か欲しいと言う奴にキャンペーンした方がいいと思ったからです。
それに比べると、ブランドの洋服はキャリアが経って古くなっていても症状が良ければある程度の額がついて、それにもまた驚きました。
ブランドはやっぱり硬いのです。

レーザーを使って脱毛

ダイオードレーザー抜毛とは、黒い色素に吸収するレーザー明かりを照射することで、スキンや程度方法にダメージを与えて行く抜毛やり方を指す。ダイオードレーザー抜毛の取り得は、冷却装置が内蔵されているところです。そのため、冷却ジェルで事前に冷ますという面倒を取り除くことができるメリットがあります。また、放射面積が大きく、痛苦が少ないので、快適に抜毛ができます。メラニンの多い素肌の奴にも容易い抜毛方なので、日焼けをした奴でも安心して脱毛することができます。日焼けをしていて、温泉や病舎で断られた要所のいる奴に、ピッタリの抜毛法と言えます。ダイオードレーザー抜毛は、明かりを毛に集めて毛夫人細胞などにダメージを与えることで毛を生えないようにしていきます。素肌との色の差がでかいほうがより安全に脱毛することができ、レーザーのなかでも波長の長い明かりを使用しています。明かりはメラニンに反応するのですが、他の皮膚組織に影響を与えることが少ないので、やけどなどの肌トラブルが起こりにくい抜毛法なのです。ダイオードレーザー抜毛は未来永劫減毛用品としてFDAからも認可されているので、安全性はお墨付きです。

微妙ゾーンの抜毛というと、なんとなく考え遅れしてしまいます。どうにも恥ずかしさがあるからです。ショップで微妙ゾーンの手入れをするとなると、殊に、Iシルエット、Oシルエットなどは非常に気まずいです。ただ、最近では抜毛を始める人が多くなっていて、微妙ゾーンの対応を希望する人が増えています。抜毛ショップなどでも、わき抜毛に次いで人気が高くなっています。微妙ゾーンの抜毛は、当然、自分で流行りづらい場なので、名人に任せたほうが冷静という点もあります。実際、微妙ゾーンの抜毛は、確かに照れくさいのですが、通っている間に慣れるともいいます。施術する奴は同性とは言え、常々、あげる要所の薄い場をあげることになるので、もちろん最初は恥ずかしいのですが、目標は何十奴、何百奴という人のものを見てきて掛かる名人です。何と言ってもそれが任務なので、処置を浴びる周囲が気にしているほど、目標は気にしていません。そのため、数回受けると慣れてきて、恥ずかしさはほとんどなくなります。微妙ゾーンの抜毛は、最初は苦悩でも、一度処置すれば照れくさい気持ちは次第になくなってきます。

酵素ダイエットをした

酵素ダイエットのことを知ったときは、これなら自分でもできると思いました。
まず、食べるのを我慢しなくていいところです。
食事を減らすのではなく食材にこだわって食べることが大事なダイエットです。
酵素が多い食材は、生魚や生野菜、フルーツです。
それなら和食中心の食事を作ろうと思いました。
最初は順調でしたが、効果のある酵素の分量はどれくらいなのかと疑問になり、普通に食事を食べているだけではあまり効果ないかもと思うようになりました。
それからは以前の食事に戻ってしまいました。
間食もするようになりました。
これではダイエットができない・・、そう思って酵素プチ断食をすることにしました。
酵素の豊富な食材を少量だけ食べる、という日を作りました(これは私のやり方です。
自分で実行する場合は方法をちゃんと調べてからやってください)。
私が実行したのは1食分だけです。
これでダイエットの効果があるのかわかりませんが、日頃の食べる量が多すぎるかもなど、食生活を見直すきっかけになりました。

足の裏の汗

手汗に悩む人の話は聞いたことがありますが、足汗に悩む人の話って私は聞いたことがありません。
でも絶対いますよね?私以外にも足の裏の汗に悩んでる人。
暑かろうが寒かろうが足の裏に汗をかいてしまうので、フローリングに足跡がついてしまい恥ずかしいです。
裸足で歩いてるときはもちろんですが、靴下を履いててもそうなんです。
靴下が汗を吸いとってはくれますが、結局その汗は靴下にしみこんでいるだけなので足跡がうっすらついちゃうんです。
以前友達に話したら信じてもらえなかったんですが、私の足汗って、信じてもらえないくらいに本来ありえないようなひどさなんだ…と思ってかなり落ち込みました。
ここまでひどい人ってあまりいないものなんでしょうか。
また、夏サンダルを履くときは当然素足ですが、普通に歩いているとサンダルの上で足が滑るんです、汗で!バックストラップつきで安定性が高いサンダルでもやっぱり滑ります。
これも友達に話してみたら、「そんなに汗かくなんて代謝がいいんだね!」と妙なフォローを入れられました。
手汗より足汗のほうがなんとなく恥ずかしいような気がします。
年をとったら汗の量が減るという説を信じて期待します。

台風一過。今日は会社で一人過ごす。

台風一過で外はやっと静かになってきました。
先日の猛暑からは一転して涼しい朝になりました。
今日は土曜日。
私以外の社員は皆休んでいるので、今日は私一人会社に来て、溜まっているデスクワークの仕事をぼちぼち頑張ってやっています。
今日は忘れないうちに会社の雨戸を全部開けて、屋内にしまってあった玄関の装飾品を全部元へ戻しました。
朝来た時には事務所の中が何だか蒸し暑い感じだったので、ちょっとエアコンを入れて暫くの間仕事していました。
しかし外は雨が降った影響なのか大変涼しく、仕事しているうちに何だか肌寒くなってきたのです。
それならいっその事とエアコンを止めて、玄関と裏口のドアを開けて風通しを良くした方が電気代の節約にもなると思い、今はその状態で仕事しています。
今日はお客さんも平日ほどは来ないだろうし、他の人に気を遣う必要もないので、少しでも節約出来る方向にと思ってます。
本業の仕事の合間に少し休憩をしては、ネットの副業をこなしています。
それぐらいしないと我が家は儲からないので(汗)。
上司に見つかったら大目玉かなぁ。
後で検索履歴を消去しておかなければ。
明日は休みなので自宅でゆっくり過ごします。

主婦、主夫どちらでもOK

まだまだ認知はされておりませんが、主夫がもっと認知されるべきだと思います。
家事が好きな男性も多くおります。
仕事が好きな女性もいるでしょう。
固定観念はすてるべきだと思います。
懐をもっと広くしてください。
育児が好きな男性もおります。
育児休暇は女性だけのためのものではないと思います。
子供の成長は早いものであります。
特に乳幼児期は一瞬です。
瞬きする時間などございません。
育児を堪能としたいと考える男性もいるはずです。
理想とすれば交代ができればよいのですが仕事、育児、仕事みたいな感じです。
どちらか一方をするのもいいでしょう。
しかしどちらも選択肢として選ぶことが可能であれば、一番理想です。
色々な意見があります。
要望もいろいろです。
幅広い意見を繁栄し、より多くの選択肢が増えることを望みます。
できれば早い未来が希望ではあります。
遅くとも、生きている間に構築となって欲しいものではあります。
今まで築き上げてきたものであります。
一人の力では難しいことかもしれません。
しかしその一人が集まれば大きな力となるでしょう。
一人の力、されど一人の力です。
たくさんの力が集まり、理想の社会が構築となることを強く願います。
母乳育児 悩み

Older posts